DoITとは

代表メッセージ

一方通行の「授業」であれば、いつでもどこでも「映像」の形で高品質のものを受講できるようになったこの時代。

― 塾・予備校は何を提供して社会に貢献していくべきか。

この問いに答えるべく、ただ「授業」を行う形での指導に終始する塾・予備校に限界を感じて創設したのがDoITです。

DoITは「難関私大文系」を志望する方の助けとなることを目標としています。

そこで「難関私大文系」を志望する方から見て先の問い ― 塾・予備校は何を提供して社会に貢献していくべきか ― に答えを出す上でカギとなるものについて考えてみます(少し長くなりますが、お付き合いを頂ければ幸甚です)。

DoITは、そのカギを「シゴト」と「コトバ」の二つであると見ています。

学習塾のウェブサイトで真っ先に「シゴト」などと言うと、少し変な感じがしてしまうかもしれません。

しかし、特に「難関私大文系」を志望する方に絞って考えれば、塾通いにお金を投じることの目的は、つまるところ「良いシゴトを将来において手にすること」にあると思います。

そのようなニーズに応える考え方の一つとして、DoITではターゲットを明確に「早慶」に絞っています。

「早慶」でなければ良いシゴトが手に入らないとは思いませんが、今後の趨勢として、少なくとも日本社会がそのような方向に流れていくことは避け難いものと考えているからです。

今後、ますます激しい変化を迎えることになるこの社会。

その激動する世界において、どのようなシゴトをするにしても欠かすことができないのが、変化後の新しい環境で必要になる知識を吸収し続ける「学習能力」であると言われます。

それを手っ取り早く証明してくれるものが学歴であり、私大文系に限って言えば「早慶」の称号です。

「AI×IoT」のチカラで産業のかなりの側面が自動化され、ヒトがするべきこと、ヒトにしかできないことはどんどんと限られていきます。

もちろん、ヒトのするシゴトそのものがここ数十年の内に無くなってしまうとは考えていません。

それでも、これまで「大卒」がするものだと考えられていた「良いシゴト」の数々はAIなどの働きで取って代わられることになるはずです。

そうして残る「良いシゴト」の奪い合いの中で、私大文系のヒトに「最低限」として求められるようになるのはもはや、いわゆるGMARCHの水準ではなく、少なくとも「早慶」というレベルになると思います。

かなり長くなってしまいましたが、それが「シゴト」を中心に据えるDoITが「早慶」にこだわる理由です。

― 早慶以外、あり得ない。

そう考えるに至った方のために、DoITはあります。

続いて「コトバ」というカギについて。

この「コトバ」についても、ここまでで述べた「シゴト」と切り離しては語れません。

やはり「難関私大文系」を志望する方に絞って考えます。

そうした人が将来において「良いシゴト」を手にしたい場合、どのようなチカラが必要になるでしょうか。

創造性、実行力、高度な専門知識・技術や語学的スキルなど、細かく数え上げればキリがありません。

ただ、その全ての獲得に共通して必要になるものなら簡単に言えます。

先にも触れた「学習能力」です。

もちろん、学習さえすれば創造性や実行力まで自動的に付いてくるとは思いません。

しかし、そもそも何も学習していない人の創造性や実行力にどれだけの価値があるでしょうか。

また、創造性や実行力を簡単に授けることもできません。

それらは他人から「教わる」というようなものではないのかもしれません。

一方で、高度な専門知識・技術や語学的スキルは「教わる」ということができます。

そして、その獲得に直接的に貢献するのはやはり「学習能力」です。

そこで、その「学習能力」をさらに要素分解してみましょう。

好奇心、記憶力、法則を見出したり、各概念を既存の知識体系に関連付けたりするチカラなど、やはり細かく分けていけばキリがありません。

ただ、好奇心や記憶力のような「教わる」のが比較的難しく思われるものを除いた後に残るものは何でしょうか。

DoITはそれを「コトバ」のチカラ、言語を理解・運用する能力だと考えます。

「文系」に的を絞るなら、なおのことそうだと思います。

コトバのチカラ ― 言語理解・運用の能力こそがカギです。

もちろん、コトバのチカラも好奇心や記憶力と同様、簡単に伸ばせるものではないだろうという反論もあろうかと思います。

しかし、単純な事実として「コトバのチカラは伸ばせる」と言えます。

外国語をゼロから習得して理解・運用できるようになる人はたくさんいますが、それなどはまさに「コトバのチカラは伸ばせる」ということの証左であると思います。

また、実際の指導の現場における体験からもそうしたことは断言できます。

適切にINPUTとOUTPUTをさせ、継続的に訓練をさせることができれば「コトバのチカラは伸ばせる」のです。

加えて、コトバのチカラは先に触れた「創造性」や「実行力」の土台になるものだとも言えます。

― 「創造性」はともかく「実行力」は「コトバ」とおよそ逆の性質のものだろう。

そう思われる方もいるかもしれません。

しかし、ある種の「実行力」の産物であると思われるDoITのような事業も元々はただのコトバが始まりです。

最初はアタマの中にあっただけの漠たる観念や願望としか言いようのなかったものがコトバとしてカタチを得て、それが発信され、他者に伝達されて理解された時にDoITの創業チームが生まれました。

その後もやはりコトバがヒトを動かし、彼らのシゴトがDoITという塾を水道橋に創り出したのです。

― コトバのチカラ、いつもそこから。

「始めに言葉ありき」です。

DoITはまだ小さな塾の一つでしかありませんが、どれだけ大きな会社も最初は創業者の思いを言語化すること、理念をコトバにするところから始まります。

そして、それは受験勉強、学習一般についても言えることです。

願いをコトバにして、決心を固める。

先生のコトバを信じてみる。

学習する対象を表現するのもコトバですから、それが理解できなれば何も始まりません。

特に「文系」に限って言えば、シゴトとコトバとはあらゆる意味で切っても切れない関係にあります。

ここまでに述べたような考えの全てを、DoITは指導方法にも反映しています。

「シゴト」と「コトバ」の両方です。

― 採用面接さながらの鋭い問い掛けに対して、自分のコトバで応じることを求める速読即答。

― ビジネスの現場でも恥ずかしくないような、正しいコトバでの記述を求める和訳・要約の課題。

― コクゴの時間に求められるのはコトバの運用だけではなく、経済やシゴトの現場も含めた社会そのものについての深い理解。

徹底した管理自習を通して身に付ける、将来において継続的に新しいことを勉強していくチカラ ― そこで扱われるのも、全てが世界を記述するコトバ。

国際社会のコトバ ― 「英語」についても、入試で一定得点が取れれば良しとするのではなく、4技能を満遍なく訓練して「使える」ようにすることを目標としています。

大変長くなってしまいましたが、DoITの存在意義・理念、それに基く指導方法についてご説明させて頂きました。

繰り返しになりますが、DoITが誇る教材・指導体系は、最終的には生徒各人がそれぞれの形で社会に貢献する「良いシゴト」をできるようにすることさえもを念頭に置いています。

また、それ以外にも様々な形で将来のシゴトに結び付く働きに精を出していこうと考えております。

以上、塾のウェブサイトで掲載するメッセージとしては、少し高邁に過ぎることを語った、妙なものに見えてしまうかもしれません。

そこで、最後に一点だけ、ご理解を頂きたいことに触れて締め括ることにします。

成績が伸びないのは、頭が悪いからではありません。

正しい「方法」で学んでいないからです。

そして「方法」が本質的に変わらない限り、その適用の結果としての成績が変わることもありません。

これまでの予備校や塾の教育のスタイルに疑問を抱いている人は是非、これまでとは全く異なる「方法」を探し求めてみて下さい。

― コトバのチカラそのものを引き伸ばすべく開発された「速読即答」という新指導法。

― これまでの講師・先生の在り方を根本から覆す「反転指導」を主軸に据えたカリキュラム。

― 生徒が実際に何を勉強しているかを正確に把握して指導・面談の助けとする「ICT自習管理」のシステム。

内容をよく吟味して頂ければ、DoITはきっと、そうした異なる「方法」と理念で問題に取り組む塾として候補に残るはずです。

以上のようなことをご理解頂き、強い気持ちで早慶の高みを目指す皆様とお会いできることを心より楽しみにお待ちしております。

DoIT 代表 佐藤 創

DoITの理念: 指導方法の根幹を成す考え方

DoITは、「できるまでやる」という単純明快な理念に基く「反転指導×管理自習」を行える場とすることを願って、予備校などでの一方通行の授業の在り方に疑問を抱いた講師が創立した、早稲田・慶應を目指す受験生のための私大文系専門の塾です。

また、ここで掲げたシンプルな理念には次の3つの思いが込められています。

1 ただ「授業」を受けるだけでは学力は伸びない。

「反転指導」と「管理自習」によって意味のある勉強を継続できるようにならなければ難関大合格はあり得ない。

2 結局は生徒が自分で考えて問題を解こうとするしかない。

口頭での問いにその場で応じて己のコトバで説明することを要求する速読即答 ― 自分のアタマで考えるということを強いる指導で、独力では継続し難い「問題演習」や「暗記」を生徒任せにはしない。

3 「できない」を「できる」に変える。それだけに価値がある。

そのためには「反転指導 / 速読即答」と「管理自習 / 強制居残り」を通して、正しい方法で「できるまでやる」しかない。

DoITの核にあるのは以上の3つの考え方です。

この3つの考えのそれぞれが、昔ながらのやり方をただ繰り返すだけの受験業界が抱える次のような“矛盾”の解決を目指しています。

一方通行の「授業」だけでは不十分だと判明している but 「授業」とは別に質の高い個別対応を全ての生徒に実施することは難しい…

「問題演習」や「暗記」を本人任せにしたら「自主的にできる生徒」しか受からない but 「問題演習」や「暗記」は本人次第ということで放置する以外にない…

生徒の甘えに迎合していたら難関大に受からせることはできない but 退塾やクレームが怖くて難関大合格に必要な「管理」や「強制」ができない…

どれも、生徒の方の需要は認識しているにも関わらず本気で考えて対応することを怠ってきた予備校側の企業努力の問題。

その問題に「予備校×個別指導塾×自習室」という新形態で解決策を提示するのがDoITです。

DoITは、「予備校」ならではの優秀な講師陣に、私大文系受験において決定的な重要性を持つ勉強量を確保するための快適な「自習室」を備えた上、これまでは「個別指導塾」でしか実現できなかったような高品質の教育と一対一のやり取りとを統合して生まれた、決して甘えに屈して妥協することのない新しい学び場です。

「授業」は全て「無料」で受けられる世界になっても価値を提供し続ける学び場。

そのような学び場を創る上でカギとなるのが「反転指導×管理自習」です。

DoITはこれからも最高の「反転指導×管理自習」を追求し、激動の世界にあっても変わらない学びそのものの本質を見据えて挑戦し続けます。

DoITと他塾・予備校との違い

少人数制徹底×反転指導×ICT管理自習DoIT

― 「聴講」より「実行」を。

「授業」の後にする「演習」の中でこそ、生徒の学力は伸びる。

その考えを突き詰めた結果、DoITが生まれました。

「授業」は要点を絞った「映像」で行い、最高品質のものを常に安定して提供。

逆に、生徒任せで疎かになりがちな「演習」や勉強の進捗の「管理」にヒトのチカラを集中的に投入する。

その場で生徒に考えさせて説明を求める「速読即答」を筆頭に、深く「問う」ということを基軸にした指導・面談がそれを実現します。

「ICT管理自習」によって、正しいカタチで勉強を進める時間を確保。

学習管理用のICTツールでやるべきことを常に明示、進捗も随時把握可能。

その間、いつでも的確な助言や質問対応を行ってくれる早慶受験の「コンサルタント」が常駐。

少人数定員制で、全生徒をよく知る早慶受験のコンサルタントが「速読即答」や個別指導・面談に当たる。

至って単純で合理的であるにも関わらず、今までに無かった指導のカタチ。

「1コマ=○○円」といった単位で「授業」を売ることを手放すことで創り出されました。

「授業」や「個別指導」だけでなく、それらを総合した「最高の学習体験」を提供します。

是非、知って下さい。

DoITと他塾・予備校との違い。

学習管理用ICTツール

DoIT独自開発のLMS(映像視聴・テスト結果管理システム)

画面例をクリックすると拡大してご覧になれます。

映像授業(Pinpoint Lecture:PL)の視聴状況、テスト結果はDoIT LMS(Learning Management System)で管理され、各自の進捗・成績は指導スタッフと共有されます。

PLはタブレット上で視聴します。

PL視聴後には、内容を確認するための小テストが付いています。解答を終了すると即座に採点され、その結果は指導スタッフにも共有されます。

Studyplus for School(自習内容管理システム)

画面例をクリックすると拡大してご覧になれます。

実際の生徒用画面。日々の自習内容管理はStudyplusで行います。

DoITで指定した教材が登録されていますので、学習を行ったらこまめにログを付けてもらいます。

管理側の画面。生徒がStudyplusで記録した学習内容は、専用の管理システムで進捗をチェックします。学習が進んでいない生徒、各教科のバランスが良くない生徒にはすぐに面談・指摘を行い、正しい方向へ導きます。

DoITの5つの特長

映像授業:私大文系専門で教えてきた講師のみによる

今やスマートフォンで良質な授業を視聴できる時代。

いつでも、どこでも、誰にでも最高品質の授業を映像で提供できるなら、それを利用しない手はありません。

DoITでは、私大文系専門の予備校で長年教鞭を執り、教材作成などを含む多方面で最高のパフォーマンスを発揮し続けてきた講師たちによる授業を映像化。

生徒の全員が、いつでも必要に応じて、優れた映像授業を視聴できる体制を構築しました。

もちろん、映像授業の弱点にも留意しています。

15分から、最大でも1時間に映像授業の長さを限定。

的を絞ったPL(ピンポイント・レクチャー)で、目の前に講師がいなくても集中力は持続し、飽きさせません。

また、管理自習の質を担保するために極めて高い頻度で見回りを行うため、映像視聴中に寝てしまうというようなことも必ず未然に防ぎます。

課題&小テスト:高頻度で理解を試される

映像授業を受けた後には必ず、その内容の理解を試す小テストが続きます。

授業の内容をきちんと聞いてさえいれば誰にでも解答できる簡単なものです。

間違いがあれば直ちに「きちんと視聴していなかった」と判断できるレベルなので、余りにミスが目立つ場合には即呼び出して指摘、面談を行います。

もちろん、簡単な小テストが映像視聴直後にできただけで早慶レベルの問題に解答できるようになるとは考えておりません。

週に1回、決まった時間に全員が受けるCT(チェックテスト)でさらに深い理解を問います。

こちらは最大で30分以上を要するようなしっかりとしたもので、ある程度の問題演習を本人が行っていることを前提とします。

CTは後述の「強制居残り」とも結び付いており、成績不振者は呼び出されて「できるまでやる」ことを要求されます。

また、こうしたテストの類の他にも「和訳」や「要約」を高い頻度で書かせるということを行います。

それが「課題」です。

「解答(例)」を見ても本人だけでは良し悪しを判断しにくいことは全て指導者側で確認し、適宜フィードバックを行います。

そうしたことを通して、生徒だけでは甘くなってしまいがちな本質的な内容理解を確実なものとしていきます。

強制居残り:「管理自習」の先にあるもの

こと「私大文系」の受験に限って言えば、勉強の絶対量が合否のカギを握ると考えてまず間違いありません。

いくら素晴らしい「授業」を受けても、生徒本人が「暗記」や「問題演習」といった努力をしなければ成績は向上しません。

そこでDoITは「管理自習」を通して、そうした生徒それぞれが勉強するための時間を確保し、難関大合格に必要なだけの努力をさせます。

しかし、一口に「暗記」や「問題演習」と言っても、その「方法」が根本的に間違っている生徒がおり、そのせいでいくら時間を取っても成果が出ないことがあります。

そこでDoITでは週に1度のCT(チェックテスト)を通して、成績不振者に「できるまでやる」ことを要求する「強制居残り」を実施、勉強方法を含む全てを徹底指導します。

このシステムにより、仮に思うように学習が進められない生徒が出てしまったとしても、その遅れをおよそ1週間に抑えることができます。

各回で必ず「できるまでやる」ということを徹底するからです。

大手予備校にありがちな時間的な「縛り」を取っ払ったからこそ実現する、ありそうでなかった仕組みです。

授業コマを単位として売る個別指導塾にはマネができないレベルの付きっ切り指導を、CTで対象を限定することによって実現するシステムです。

具体的な要領は後述する「速読即答」と同様で、各問題に対しての答えだけでなく、その根拠や考え方、プロセスを徹底的に口頭で尋ねていきます。

その形でたくさんの問題に当たり、基本的に「百発百中」の精度になるまで考え、解かせ続けます。

それが一日で最大3時間。

成績が伸びないはずがありません。

必ず自分で問題が解けるようになります。

「できるまでやる」を徹底する付きっ切り指導を行うからです。

「成績が振るわない生徒に限ってそれよりも優秀な子よりも先に帰宅してしまう」ということもあり得ます。

そうしたことが起こらないようにするのも「強制居残り」の目的です。

ここで述べた「優秀な子」でさえ確実に早慶に行くというのは困難な時代です。

それより現状で劣っている生徒を安易に帰宅させてしまったら、その子たちに早慶合格は絶対にあり得ません。

そこで、そうした生徒については強制で22時の終業時刻ギリギリまで指導を行う「居残り」を制度化したわけです。

当然ですが、成績上位者を無理に22時まで残して勉強させるようなシステムではありません。

テストで高得点を収めてさえいれば、少なくともそのCTにおける強制居残りの対象とはならないのです。

少し嫌なやり口ではありますが、そうした「居残り」は絶対に避けたいということで頑張る生徒もいます。

不正を除く、どんなやり方を使ってでも、預かった生徒の全員を早慶に合格させる。

そのようなDoITの意気込みを具現化したものの一つとして、この「強制居残り」にご理解を頂ければ幸いです。

速読即答:課題文を「速読」させて講師の口頭での問い掛けに「即答」を求める

至って単純なものですが、これも意外にありそうでなかった指導方法です。

まずは簡単に手順を説明します。

英語の場合

1 事前に課題となる「英文(長文)」を精読させておく
渡されるのは「英文」のみでこの時点では「問題」は付いていません
2 同じ「英文」に当たった「最大6名」の少人数のグループを教室に呼ぶ
ここで初めて与えられた「英文」に呼応する「問題」が渡されます
3 数分だけ時間を取って「問題」を解かせる
事前に「英文」は読んであるので比較的短い時間で解けます
4 講師が無作為に生徒を指名して各問題に解答を求める
事前に考える時間は取ってあるので「即答」を求めます:「構造解析」や「和訳」も求める
5 問題の「答え」だけでなくその根拠や考え方を問う
この部分がいい加減だと「答え」は合っていても再現性は低く試験本番では全く役に立ちません
6 不正解や即答ができない場合はすぐに別の生徒が指名される
誰か別の人が当てられている間もアタマはフル回転させていなければなりません
7 明らかに全員が正しいプロセスで解答できないところのみ講師が丁寧に説明を行う
もちろん全てを生徒にやらせるわけではありません
8 上記の過程を繰り返して与えられた全ての問題に解答させていく
全問題を終えた頃には一人当たりかなりの数の「指名→解答」があることになります

基本的にはこれだけです。

より分かりやすい説明は「指導体系」のセクションの文面と映像に譲ります。

ただ、この方法によって予備校の一方通行の授業にありがちな問題と個別指導の甘さや運営上の困難とを解消することができます。

短い制限時間の中で問題を解いて、他の生徒の前で自分の答えを言わなければならない。

高い緊張感の中で答えを求められることで生徒のアタマはフル回転し、理解の甘さは指摘され、間違った考え方はその場で矯正される。

そうした過程で、以降の内容の読み取りや解答の精度は格段に向上します。

英語だけでなく他の科目でも、こうしたことを継続的に行っていくことで生徒たちは自らで考えて独力で問題を解けるようになります。

ご興味のある方は是非、甘さを許さないDoITでの徹底指導を体験してみて下さい。

進捗確認面談・試験:逃げ場の無い問い

授業を一方的に聴いているだけでは学力は伸びない。

それがDoITの基本的な考え方の一つです。

映像授業の視聴を含め、自習時間の中での各々の勉強の内容を確認して、その進捗を管理すること。

それがしっかりと担保されなければ、早慶合格はままなりません。

そこでDoITでは「週1回」という高い頻度で、学習すべき内容の理解・暗記や進捗を確認するための面談を実施します。

もちろん成績上位にある生徒から大切な時間を奪うようなことはしません。

「1人15分」のような画一的な基準を設けず、必要に応じた面談を行います。

成績上位者については簡潔な現状確認で済ませる一方で、伸び悩んでいる生徒の場合には面談が30分を超えることもあり得るわけです。

「コマ割り」のような時間の枠に縛られないDoITだからこそ実現できる「できるまでやる」の理念の追求。

それは「管理自習・居残り」だけでなく、ここで述べる「面談」についても同じです。

一方で、そうした「面談」だけでは深い内容の理解を試すことは困難です。

そこでDoITでは、学習した事項を応用して問題を解くことを要求する「実力試験」を定期的に行います。

「実力試験」はその時点までに学習した事項の全てを網羅的に問うという意味で、より小刻みに行われる「CT(チェックテスト)」とは一線を画します。

また、時間も「原則90分」と実際の入試の標準に合わせてあります。

実際の試験での要求のレベルを体感してもらうという意味もあり、初期の段階から一部に早慶水準の難易度の問題を含みます。

直接の真剣な「対話」に基く高頻度の面談と、徹底して「早慶」の水準にこだわった実力試験。

基軸となる「速読即答」に加え、こうした異なる2つの形で生徒に結果を要求し続ける。

DoITは「逃げ場の無い問い」で生徒を追い込み、深く考えさせることで全員をそれまで想像さえしなかったような高みへと到達させます。

ページトップへ

早慶を目指す高2生募集開始!高2生はコチラ