高卒 指導体系

速読即答

当然のことですが、およそどのような技能も「正しい方法」で「訓練を継続する」ということができれば獲得できます。

それはDoITが重視するコトバのチカラについても完全に当てはまります。

分かりやすいので「英語」を例に取りますが、そのチカラもやはり「正しい方法」で「訓練を継続する」ということができれば向上します。

例えば、英単語をまるで写経でもするかのような勢いでたくさん「書く」ということによって暗記しようとする学生がいます。

しかし、長年の講師経験に基いて言えば、そうした方法で成功する可能性は極めて低いはずです。

それはとても非効率で、要するに「正しい方法」ではないからです。

仮に「訓練を継続する」ということができていたとしても、成果を上げることは困難です。

一方で英会話スクールに通って、ネイティブと直接にやり取りをしているのに中々上手く喋れるようにならないという人もいます。

この場合は「正しい方法」ではあるのかもしれませんが、今度は「訓練を継続する」ということが不十分なのだと思います。

ちなみに、ここで言う「訓練を継続する」ということは「5年間も英会話スクールに在籍している」ということとは違います。

「必ず毎日やる」というレベルで「訓練を継続する」ということができている必要があります。

このような意味で「訓練を継続する」ということができていれば、冒頭で述べた通り、どのような技能でも比較的容易に習得できます。

それはやはり、大学受験における英文読解などでも同じです。

例えば、大手の予備校で素晴らしい授業を受けたのに、一向に英文が読めるようになる気配すらないということはよくあります。

それはなぜでしょうか。

それが優れた講師であれば、恐らく「正しい方法」は伝えてくれているだろうとは思います。

しかし「正しい方法」だからといって、授業後に復習もせず、英文をスラスラ読めるようにするための訓練も行わなかったらどうなるでしょうか。

きちんと英文が読めるようになることは恐らくないでしょう。

先に述べた意味で「訓練を継続する」ということが欠けているからです。

それを補う工夫として誕生したのが「管理自習」であり、DoITの「速読即答」です。

「速読即答」で「正しい方法」を叩き込む。

その上で「訓練を継続する」ということを「管理自習」の中でやらせていく。

先にも触れた通り、ここで言う「正しい方法」を伝達するのに、必ずしも「速読即答」をやらねばならないというわけではありません。

「授業(映像)」でも十分に機能する可能性はあります。

ただ、その場で英文を読ませて質問に答えさせ、間違いがあれば即指摘を入れることができるこの「方法」は非常に手っ取り早く、確実性が高いのです。

「速読即答」は対象を「最大6名」とした個別指導に類する形式であり、実施する講師の側にも単なる「授業」の能力以外の特殊なスキルを要求します。

そのため多くの塾・予備校では採用し難いのですが、生徒の一人ひとりに「正しい方法」を確実に伝授するためには最も良いカタチとなり得ます。

高い緊張感を保った「速読即答」の指導の中で英文解釈の「正しい方法」を叩き込み、その「正しい方法」で読む訓練を「管理自習」の中で反復させる。

「速読即答」はそのように「訓練を継続する」ということできているかどうかを確認する手段でもあり、忘れた頃にはまた、過去に扱った英文を題材として使うということもします。

結果、受講する生徒は対象となる全ての英文を毎日読むという「訓練を継続する」しかなくなります。

しつこいですが、それもまた狙いなのです。

言うまでもないことですが、やはり「正しい方法」で「訓練を継続する」ということが成功のカギだからです。

もちろん、このように文面でどうのこうのと説明されてもイメージが湧き辛いかと思います。

そこで、下に「速読即答」の要点を分かりやすく押さえた「指導映像」をご用意しました。

ご興味のある方は是非、ご覧になってみて下さい。

速読即答映像のご紹介

実際の教え子たちの協力を得て撮影。全員が早慶合格者です。

動画内で使用している演習問題がダウンロードできます。

演習問題PDF

高卒カリキュラム

高卒 年間モデルスケジュール

スマートフォンでは表を横にスクロールしてご覧になれます。

ターム 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月
基礎力養成期 応用力養成期 実力養成期 完成期 入試
英語 理解 基本文法・語法+精読 形式別解法対策+長文読解 入試問題演習
暗記 速読英単語必修編 速読英単語上級編 リンガメタリカ
  解体英熟語
課題提出   和訳+英作文
日本史 理解 通史 文化史・テーマ史 入試問題演習
暗記 一問一答  
古文・漢文 理解 基本文法+読解法 漢文 入試問題演習
暗記 古文単語 漢文句法  
国語 理解 要約基礎 現代文解法 慶應小論文対策 入試問題演習
暗記 用語集  
課題提出   小論文
速読即答   英語+国語(週3回程度)

英語

全体として、かなり「圧縮」されたプログラムになっています。

1年に満たない時間で早慶を目指すために最適化されたもので、夏期に入る前にGMARCH合格に必要な程度のことは全て完了させてしまいます。

基本的な単語暗記は初期の数週間の内に片付けてしまうなど、人によっては常識外れのように感じられてしまうかもしれません。

しかし、本気で早慶に合格したいのであれば、その後の学習にも必要不可欠な単語を最初の内に頭に叩き込んでおくことは充分に理に適っています。

それどころか、むしろ必要なことでさえあります。

「1年をかけてゆっくり頭に入れていく」というような悠長な考え方では、昨今の早慶を勝ち残ることはできません。

誰でも考えそうなことを、普通の人間がやるようにやったらごく平凡な結果しか得られないのは自明です。

その程度の考えや努力で早慶に受かるのであれば、受験生の皆が合格してしまえるはずです。

当然ですが、普通ではない結果が欲しいのなら普通ではない考え方なり努力なりをするしかないのです。

そのような考えは、もちろん単語暗記以外の領域にも及びます。

当初より「読み」だけでなく「書き」や「聞き」を含む4技能を並行して指導。

6月までには基本的な文法・語法と高度な精読の技術を習得させてしまいます。

もちろん、そうした速いペースでの学習を誰もが当然のようにできるものとは想定しておりません。

だからこそDoITは存在するのですし、だからこそ「強制自習・居残り」を実装して徹底指導を行うのです。

そうしたことに加えて、最大6名で行う「速読即答」を50分単位で1週間に2回の頻度で実施します。

使う教材はオリジナルのものに加えて、上記の表にもある「速読英単語」や「リンガメタリカ」であり、それらの進捗・理解を確認する働きもあります。

内容が完全に理解できているかを問うだけでなく、文構造を正しく把握した上で読んでいるのかを確認する意図もあるのです。

外国語を習得する上で「多読」は非常に有効であり、必要不可欠でさえありますが、ただ漫然と繰り返し同じ文章に目を通しても無駄です。

文構造を正しく把握し、それに基いて意味・内容が完全に理解できている状態で「多読」しなければなりません。

それも「すさまじい量の文章を」です。

DoITでは先述の「速読英単語」や「リンガメタリカ」に収録されている合計約150の長文を、内容を正確に理解させた上で何度も読ませます。

その「多読」の質を担保してくれるのも、速読即答の大切な働きの一つなのです。

以上のようなプログラムを通して、単語やイディオムが万全の状態を整え、正しく英文を解釈して適切に多読(速読)ができるようにしていきます。

それが9月までに完了すれば、後は丁寧に過去問演習を継続して行っていくだけです。

ただ、一口に「過去問演習」といっても量は膨大であり、質も追求していかなければ良い結果には至りません。

その「過去問演習」を有意義なものにするためにはどうしても、遅くとも9月には基礎・応用力を本当に完璧なものにしておかなければならないわけです。

それを確実なものとするために、DoITではあらゆる要素を通常の予備校よりも「圧縮」して、初期の内に完了するようにしているのです。

DoITの英語「体験授業」

例題1 精読基礎

以下の英文を和訳せよ。

We all know from a study of history the progress of the working people from the stage of barbarism to that of slavery, serfdom and later individual freedom.

例題2  記述式空所補充

空所に当てはまる、wで始まる単語を答えよ。

Time and again my few good friends (w ) disappear from the schools and summer camps I attended, swept away by time, by the end of terms and semesters, by the end of summer.

例題3  動詞の語法

次の英文を読み、空所( a )~( f )に入る最も適切な動詞を下記の語群から選び、必要に応じて語形を変えて解答欄に記入しなさい。ただし各解答欄に記入する語は一語のみとし、同じ語を二回以上使ってはいけない。

acquire affect communicate criticize discriminate distinguish

A new research report was recently published, focusing on the language proficiency of immigrant students, which is crucial for academic achievement. Some immigrant students cannot be visibly ( a ) from majority group members. However, many have difficulty in selecting appropriate vocabulary when ( b ) their ideas to others. Actively ( c ) language skills is essential for all school subjects. Immigrant students are sometimes ( d ) for their use of incorrect grammar. This kind of behavior may extend outside the classroom and cause serious interpersonal problems. It often happens that people start ( e ) against immigrant students because of insufficient language skills. It is important to prevent immigrants from being negatively ( f ) by this kind of language-related prejudice.

国語(現代文)

「現代文」などと言っても同じくコトバを扱うことなので、基本的な思想・理念は英語のそれに近いものがあります。

「読み」だけでなく「書き」や「対話」を含む4技能を並行して指導することなどは、DoITにおける重要な共通事項の一つです。

しかし現代文の場合、英語とは違って「ただ何となく読む」だけなら一応誰でもできてしまうことではあるので、注意を要します。

多くの受験生や、そしてそれに迎合する塾・予備校までもが現代文読解を軽視してしまうのです。

一方でDoITを創始した我々講師の共通した認識から言えば、それは大きな間違いです。

言うまでもないことですが、英語にしても日本史にしても、その学力の基盤となるのは「現代文」におけるコトバの理解・運用のチカラです。

そうしたコトバの基本的なチカラに問題がある状態で他科目を勉強しても、必ずどこかで限界にぶちあたります。

当然のことながら、英語では特にそうです。

それが英語の講師でもある創業メンバーの偽らざる本音であり、それがゆえにDoITでは現代文でのコトバのチカラの養成に重点を置きます。

受験上の主要科目である英語と同様に速読即答を行うなど、多くの面で他塾・予備校よりも現代文に力を入れたカリキュラムになっているのです。

DoITでは現文読解と小論作成を統合した形で指導し、インプットとアウトプットの双方を並行して要求していくことで、国語運用能力全体の伸長を目指します。

先述の通り、初期の段階から「読み」だけでなく小論文や要約の形で「書き」もやらせるのです。

これも既に触れましたが、英語と同様に「4技能」の全てを使うのがカギだろうという考えの下、速読即答も実施。

こちらは1週間に1回となりますが、英語と同じく最大6名で行う「速読即答」を50分単位で継続的に行います。

英語と合計して週3回の速読即答。

高頻度での「対話」を通した訓練で、コトバを適切かつ敏速に理解して用いるチカラを養います。

もちろん、何だかんだと当面の目標は大学受験ですので、通常型の授業も映像を通して行います。

最初の1~5回で読み方の指導を徹底し、要約のコツを習得させて、作成したものはやはり提出してもらいます。

6回以降で、通常型の問題解法についての授業になります。

それでもやはり、要約の提出は継続します。

どこまでいってもアウトプットをやらせることにはこだわります。

以上、現代文の方も受験で最も重要な英語と同じくらいのご説明をさせて頂く形になりました。

その主たる理由は最初に述べた通り、現代文というコトバのチカラが全ての基礎だからではあります。

しかし、実はもう一つ重要な理由があります。

それはDoITがそもそもは、日々関わる学生たちの「コトバのチカラ」の低下を食い止めたいという思いから創始されたものだったからです。

コトバのチカラ、いつもそこから。

それが企画当初のDoITの標語だったのです。

「現状では実績の無い挑戦的な塾でそれは難しいだろう」ということで今のカタチになりました。

母体である増田塾ならともかく、それ自体では明確な実績も無い状態のDoITが中心に掲げる理念としてはあいまいに過ぎるだろうというわけです。

しかし、その「コトバのチカラ」を基軸に据える考えは現在のDoITでも、ひいては将来において大学生向けに事業を展開していく中でも変わりません。

カリキュラムの紹介という観点からは少しズレてしまいましたが、そこからもDoITの現代文、コトバのチカラに対しての思い入れを感じ取って頂ければ幸いです。

古典

こちらも英語と同様に「圧縮」されたプログラムになっています。

夏期までに文法と読解を終えてしまうことで、9月以降は余裕を持って漢文と過去問演習に充てられる状態を整えます。

これも「コトバ」の領域にあることですので、英語との共通項を大切にした映像授業になっています。

「文法」と「読解」を完全に切り分けてしまうのではなく、コトバそのものにどうアプローチするべきかという視点を保つ、知的に高度な内容に仕上がっています。

日本史

他科目と同様、やはり「圧縮」されたプログラムになっています。

全てのベースとなる通史を夏期までに終わらせてしまう形です。

文化史なども10月中に完了させてしまうことで、過去問演習の時間を確保します。

いわゆる「流れ」を丁寧に押さえた講義内容で、早いペースで進んでいるにも関わらず、きちんと早慶水準の問題に対応できるだけの知識は網羅されます。

他の講師とは比較にならない水準の「質」を備えたテキストで、本当に「それだけやっていれば受かる」と言えるものになっています。

これは増田塾における圧倒的な「現役」の早慶合格者数に裏打ちされています。

学習の時間を浪人生のようには確保できない「現役」が、圧倒的な勉強量を要求する日本史を選択して栄冠を手にすることは至難の業です。

増田塾が選抜試験を行わずに「現役」で早慶合格を量産してきたことのウラには、こうした私大特化型の優れた日本史テキストがあるのです。

是非、比較してみて下さい。

私大文系専門で圧倒的多数の早慶合格者を継続して輩出してきた、一流の「日本史」を。

高卒 週間モデルスケジュール

スマートフォンでは表を横にスクロールしてご覧になれます。

時間割
午前
9:30-12:30
英語CT 英語PL視聴 日本史CT 日本史PL視聴 国語CT 古典PL視聴 休塾日
自習 自習 自習 自習
昼休憩
12:30-13:15
自習室内の飲食、外出可
午後
13:15-18:30
暗記確認+面談 自習 英語速読即答 自習 国語速読即答 国語PL視聴
自習 自習 自習 自習
夕休憩
18:30-19:00
強制居残り対象者以外は帰宅可(19:00以降の任意自習可)
強制居残り
19:00-22:00
英語CT補講① 英語CT補講② 日本史CT補講① 日本史CT補講② 国語CT補講① 国語CT補講②

ページトップへ

早慶を目指す高2生募集開始!高2生はコチラ