講師紹介

佐藤 創代表 / 各種教務指導担当

早稲田大学 商学部

高3の11月中旬まで勉学とはおよそ無縁の生活を続けた後に、一念発起して早大に進むことにし、その年に見事現役合格を果たす。

その2ヶ月半の内に英文をゼロから完全に読めるようになったことを活かし、その後は米国ペンシルバニアの大学を優秀な成績で卒業。

英語は独学で、短期習得。

受験時の選択科目は数学。

アメリカでの専攻は哲学。

暗記をしたり他人からものを教わったりするのは苦手だが、自分で考えて何かをするのが好きで、生きることについて模索。

通っていた大学のチュータリングサービスや西海岸の高所得者層向け個別指導塾で主に数学を教えた後に帰国。

帰国後は増田塾にて英語指導に励み、各種教材・試験作成や解答速報に携わる。

巧みな弁舌と魂に突き刺さる白熱講義から、担当した校舎で絶大な支持を得る。

持ち前のリーダーシップを発揮し、フルタイムで講師をやりつつDoITの創立を導く。

茂神 洋介英語 映像講義・指導担当 / 経営戦略責任者

早稲田大学 商学部 / 早稲田大学 第一文学部

筑波大学に合格しながら、併願した早稲田大学商学部に直感的に進学する。

が、急に古典を学びたいと思い、翌年の受験で第一文学部に再入学。

大学生時代に講師業を始め、自分で塾を経営する傍ら、外部の予備校などでも授業を請け負う。

以来約15年にわたり、大学受験だけでなく、高校入試から簿記・公認会計士といった各種資格試験対策までもを幅広く指導する。

ハマりだすととことん突き詰めるその性格から、受験生時代は地理を極め尽くし、模試で偏差値90以上を叩き出す。

また、公認会計士試験の模試順位でも全国1桁台をキープ。

増田塾では、長年にわたりメイン講師としてカリキュラム策定、教材作成、映像授業撮影などで貢献、都内から北は仙台まで各校舎で教壇に立つ。

趣味はギターコレクション、ヘリ・セスナの操縦、服装学の研究など多岐に渡る。

渡邉 徹日本史 映像講義担当

早稲田大学 教育学部

有名企業に勤めながらも、その生活に疑問を覚え、昔から好きだった日本史で勝負してみたいと考えて受験業界に飛び込むことを決心する。

当時の受験業界で幅を利かせていた“一流講師”たちを、持ち前の並外れた分析力で研究。

大したシゴトをしていない“お歴々”に失望し、自らのスタイルを徹底して追求。

「これなら自分の方がいくらかマシなことができるだろう」と考えて実際に会社を辞める。

以来、行く先々で高い評価を受ける、優れた日本史講師として活動を続ける。

受験の域をはるかに超えたレベルでの日本史そのものについての造詣の深さに加え、優れた傾向分析の力を遺憾なく発揮して作り上げたテキストには生徒のみならず、講師仲間たちからも定評がある。

田島 圭祐現代文/小論・要約 映像講義担当

早稲田大学 第一文学部

早大在学中から教壇に立ち、名だたる予備校で約20年の指導キャリアをもつ。

現代文指導では小手先のテクニックではなく、論理構造にしたがって本文を読み込む正統派。

特に早稲田の現代文に精通しており、毎年たくさんの合格者を輩出している。

また、法律予備校の講師として、全国映像配信講座を請け負う。

主に行政書士・公務員試験を担当している。

風貌とは裏腹に、馴染みやすいキャラクターで生徒の信頼も厚い。

宮下 圭介古文・漢文 映像講義担当

東京大学 文学部

幼少期から古典を通じて歴史に興味を持ち、東京大学文科三類から文学部へ進む。

範囲を絞って深く専門性を求める世界に身を置くと、広く緩く様々なものの関連性を見出していくことに魅力を感じ、大学を飛び出して受験業界に。

担当科目は自らが長く親しんできた古典だが、英語や現代文・世界史・日本史の知識も踏まえて読解に挑む姿勢を貫きたいと思っている。

また、読解センスといったものに頼らずきちんと手順を踏んで分析していけば大学受験の古典は誰もが克服できる課題だと信じている。

目の前の壁を越えようと本気になり、真摯に古典と向き合ってくる生徒には力を惜しまず手助けをしていく覚悟である。

ページトップへ

早慶を目指す高2生募集開始!高2生はコチラ