INTERVIEW

合格体験記

  1. HOME
  2. 合格者の声
  3. 慶應(総合政策)、早稲田(人間)、明治(国際・情報)、立教(コミュ)、法政(社会・文)他

N.Sくん
高卒生

慶應(総合政策)、早稲田(人間)、明治(国際・情報)、立教(コミュ)、法政(社会・文)他

慶應(総合政策)、早稲田(人間)、明治(国際・情報)、立教(コミュ)、法政(社会・文)他
僕は現役の頃かなり勉強したつもりでしたが、自分が妥協できるレベルの大学には受からなかったため浪人を決めました。まず、浪人するからには高い目標を定める必要があると考え、現役の頃には考えもしていなかった早慶合格を目標に設定しました。この目標を達成できる予備校を探している時にDoITを見つけました。

そして数ある予備校の中から最終的にDoITに決めた理由は「早慶しかあり得ない」を掲げていたこと、嫌でも勉強しないといけない環境が作られていること、独自の授業スタイルである速読即答に興味を持ったからです。この速読即答があったから自分の英語力を早慶の水準まで持っていくことができたと思います。それだけでなく、自分の短所であったメンタルの弱さも鍛えられたと思います。速読即答だけでなく、他の授業も分かりやすく入試問題を解く上でのしっかりとした土台を作ることが出来ました。さらに、自分の成績が周りと比べられるようになっていたり、クラス分けされていたため、この人には負けたくないなどの身近な目標を持つことができモチベーションを保つことができました。

また、他の大手予備校と違って先生方がしっかりと生徒を見てくれているところもDoITの良さだと思います。自分が周りの人との意識の差に悩んでいた時も忙しいのに長い時間面談をしていただきました。この約1年間はかなり自分にとって厳しいものでしたが、DoITだったから乗り越えることができ、さらに早慶合格を達成できたと思います。