INTERVIEW

合格体験記

  1. HOME
  2. 合格者の声
  3. 早稲田(商・人間・教育)、慶應(文)、明治(政経・文)、中央(法・総合政策・経済他)、法政(人間環境)他

N.Hさん
高卒生

早稲田(商・人間・教育)、慶應(文)、明治(政経・文)、中央(法・総合政策・経済他)、法政(人間環境)他

早稲田(商・人間・教育)、慶應(文)、明治(政経・文)、中央(法・総合政策・経済他)、法政(人間環境)他
高校時代部活に打ち込み、勉強など一切しなかった私は、早稲田はもちろんのこと、GMARCHも合格することができず浪人をすることになりました。予備校選びにはかなり時間をかけ、その頃から佐藤先生には何度も相談に乗って頂きました。

最終的には先生の人柄や強制自習、少人数指導、講師常駐など他の予備校にはないDoIT独自のシステムに惹かれてこの塾で1年間頑張ることに決めました。その決断が正しかったからこそ満足のいく結果が出たのだと思います。予備校生活では心が折れそうになることも多くありましたが、私の事を理解して下さっている先生方やスタッフさんやチューターさんがいつでも話を聞いて下さったおかげで乗り越えることができました。

また、速読即答では、本番の試験以上の緊張感がある中で様々な角度から色々な事を問われ、柔軟に丁寧に物事を考えられるようになり、さらに、精神面も鍛えられ、模試の偏差値では英語は80.1・国語は76.8まで伸び、どんどん勉強が楽しくなりました。

速読即答や休憩時間を通して、友達の解答根拠や勉強方法を聞くことができたことも、自分を高めるきっかけになりました。また、文章を書くことに苦手意識があったので、時事問題を扱った書籍を読んで感じたことをまとめ、先生に添削をして頂いていました。個別に単語のテストもして頂きました。合格のために自分がしたいことにとことん付き合って下さり応援して下さるところもこの塾にしかない強みなのではないかと思います。DoITに入るまでは受験とは1人で戦うものなのだと思っていましたが、この1年間を通して、受験とは家族や友達、そして塾にいつもいてくださる皆さんなど、多くの人からの支えがあるからこそ乗り越えられるものなのだと学びました。

先生方は、勉強のことだけでなく、人としてどうすべきか、社会はどのように動いているのか、その中で自分にできることは何かなど様々なことを考えるきっかけを与えてくださいました。この1年間、初めて自分としっかり向き合い、早慶合格という1つの目標のために頑張り続けることができました。少しでもDoITへの入塾を迷っている人がいるなら絶対に先生方に思っていることをぶつけて入塾を決めて欲しいなと思います。この1年間で自分の人生が大きく変わったと思います。DoITで浪人できてよかったです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。